FXのレバレッジとは何だ?

FX取引をするに当たり大きなテーマとして「レバレッジ」といったものがあります。レバレッジに関しては、深く理解しておかなければX取引は上手くいきません。最大の特徴と言っても良いものです。このブログでは、そのレバレッジについて徹底的に解説します。どのような特徴があるのか、といったことを知りたい方は必見です。

今回は、まずレバレッジの基礎的な内容についてお話します。

■レバレッジの基礎知識

・何倍もの取引が可能になるレバレッジ

レバレッジで注目しておきたいのが、少額で高額の取引ができる、といったものです。たとえば、基では10,000円しかないのに、10万円の取引ができる、といった感じになるのです。一般的に取引は高額の資金がなければ参加できない、といった印象があります。しかし、レバレッジを掛けることができれば、手持ちが少なくても取引ができるようになるわけです。

手元の資金については証拠金といいます。そもそもFX取引は「外国為替証拠金取引」と呼ばれるものになっています。外国為替を証拠金(保証金)で取引することになるのです。

少額の資金で取引ができると言っても、損失は負うことになってしまいます。大きな取引ができるのはメリットですが、デメリットもある、といったことは把握しておかなければなりません。