レバレッジを利用する利点とは

FX取引ではレバレッジが欠けられるのですが、非常に大きなメリットがあります。そのメリットを上手く活用すれば、大きなプラスにもなります。

こちらではレバレッジを掛ける利点について徹底解説します。これからFX取引(FX | 暮らしの達人)をしよう、と思っている方は必見ですよ。

■少額の資金でも取引ができる

・10,000通貨からの取引でも少額で参加できる

日本円と米ドルの取引をする場合ですが、たとえば10,000通貨から出なければ取引できない、といった決まりが設けられることが多いです。10,000通貨とのことですが、注意して欲しいのが1ドル120円であれば、120万円でなければ取引ができない、といったことです10,000通貨が最低条件だからです。

いきなり120万円お資金が用意できる、といった方は多くないでしょう。そこで関わってくるのが、レバレッジなのです。FX取引を利用している方の殆どがレバレッジを掛けて取引をしています。

レバレッジとは、保証金の何倍物取引が出来る、といったものです。

たとえば、10倍のレバレッジを掛けたとします。その場合は、120万円の10分の1の金額で取引ができる、といった状態になります。12万円を保証金に入れれば120万円の取引ができるのです。素晴らしいメリット、といっても間違いありません、

ちなみに利益に関しても10倍になります。前述した条件で取引した場合には、120万円で取引した分の利益が確定するのです。